空薬莢

創作と世界観

荘合同誌について

この記事は隔日でなんか書く(描く)アドベントカレンダーの1日目です。

隔日でなんか描く(書く) Advent Calendar 2019 - Adventar

ちなみにこのアドカレ、一人用です。

なぜこんな変わったことをやっているのかと言いますと、

去年年末に急にブログ書きたい衝動が高まったにもかかわらず、

結局書かずじまいで年を越すことになったからでした。

(本当は今年読んだ本のレビューなどをやりたかった)

 

 

今年こそは、との思いで12月を迎えたら、

周囲で急に一人アドベントカレンダーが流行?の

兆しを見せたので、「これだ!」と。

これなら期日がなくずるずるしてしまうようなブログの更新も、

明確な締め切りが設定できるので締め切り駆動で自分を動かせるかな、

と思ったわけです。

 

それに、今までブログをかなり長期間放置していたし

(創作活動に時間と気力を割いていたという言い訳)、

創作活動にかまけて活動の記録を世に残すこともできていませんでしたし、

書きたい文章、テーマも溜まっていました。

これは良い機会であり良いソリューションを見つけたぞと。

 

※この記事に問題がある場合、クローズドにしたい場合は

きーのまでお知らせください。

書くべきか迷ってこんな日にちになってしまいましたが

こっそりやるという形で決断させていただきました。

 

 

それで早速1日目のテーマですが、「荘合同誌」となっていて

おそらく???となる方もいらっしゃると思いますので軽く説明を。

felesitas.cloudというnagikoさんのMastodon個人サーバが

今年6月に2周年を迎えました。

通称「ふぇれ荘」と呼ばれるこのインスタンスMastodonが「分散型SNS」で

あることを踏まえても、全体から見れば小規模ではありますがとても居心地の良い電脳空間です。

そこでは言語や音楽、情報学、心理学ほか様々な学問分野などに精通したユーザが

まったりと、ときにはわいわいと思い思いに時を過ごしています。

 

話を戻しますと、2周年企画ということで

nagikoさんよりfelesitas.coud2周年合同誌の企画が発案されていました。

その合同誌に寄稿する文章が先日書き上がりましたので、

この機会にここにもリンクを貼らせていただこうかと思います。

(リンク先は全体のページになっています)

seeker-nagiko.hatenadiary.com

 

タイトルが「ひと、もの、かたち」となっていますが

実に素敵なタイトルですね。

自分のほか2名のユーザの方が寄稿されていて、

それぞれにnagikoさんコメントが寄せられています。

地の文章も素敵です。

個人的に好きだなと思った箇所は

 

寄稿の中で綴られている、1人1人が構成員だというのは、自分もそう思います。

人は1人1人、ビートも音色も違う楽器であり、人と人とが出会うことで、グルーブ感や独自のリズムやメロディを奏でられるのではないか、

人は人に影響されて、音が釣られて、結果的に突発的ジャズセッションになるんですよね。

そうして演奏し終わった後、この体験が個々人の心に残り、次につながっていく。

(こういうことって、ある種横のつながりじゃないと出来ないことなのかもしれませんね。)

 

 

 

ですね。

これを読んだ後、一人でぼんやり考えていたのですが、

ぼくは、ぼくらは、誰かとセッションしたかったのかもしれない。

そのために、ひとりだけでなく、「誰かと一緒」も楽しめる人間になりたいものだなあ

などと思ったのでした。

 

 

ぼくの寄稿した文章、およびふぇれ荘の詳細等は

上記リンク先のページに譲ります。

タイトルは「絵描きは21からが面白い」。

実は今年22になりましたが、それはさておき20~21歳にかけて

行った絵の練習方法、および創作に関する思考をまとめたものに

なっています。

1万字超えの大ボリュームですので、

お時間のあるときなどにゆっくりどうぞ。

 

今後の予定しているテーマは

・今年の創作活動まとめ

ブギーポップ アニメ新版の感想及び考察

・来年やりたいこと

・今年読んだ本の簡易レビュー

・年賀状イラストチラ見せ

 

などなど。今後もひっそりまったり更新していきますので、

お気づきの際にでもふらっとお立ち寄りください。

では。

 

 

キノの旅の「あのフレーズ」についての解釈

キノの旅』の有名なあの文句、「世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい」というフレーズの意味を、私はこう解釈していますー「世界にはあまりにも美しくない物が多いから離脱しようかと少し考えたが、それにしては、この世は去るには惜しいと思えるほどには美しい」。


こんにちは。世界から何度か離脱することを考えたことがあるきーのです。

私にとってこの世は幼少の頃から、漠然と不安でどこか生きづらいものでした。自分がアウトサイダーであることを幼いながらも漠然と、しかしながら信じていたのです。


成長して私は大人になりました(案外中身は子供のままです)。そして、幼少の頃の予感は的中していたことを自覚しております。日々信じる心持ちが強くなっております。


それでも、私とて一介の生物に過ぎません。どういうわけか、神は多様な生物が遺伝情報を残す様を興味深く眺めておられるようです。もしくはご自身の庭を放置なさっているのか、私には知る由もありませんが、とにかく、私にもそのようにプログラムされたものが備わっているようでして、すなわち、自身の個体情報を維持しようとするわけですね。何だかんだ生を持続させておるわけです。


そんな自分だから、あの文句がこのように解釈できてしまうのかもしれません。意味のなさを限定的に認め、一方で生に執着するくらいなら、いっそ肯定でもした方が潔いし効率的な気もしますね。まあしかし、解釈など所詮解釈に過ぎません。絶対的な解答ではないと思うております。ですからこれは私の視点から見た、私の価値観というレンズを通して見たものを描写しただけで御座います。しかし人間は何故、かくも他人の視座を、他人を、他者を面白がるのでしょうね。他者と触れ合うことなしに生をやることはできないのです。他人も他の動物も《他者》たるあらゆる表現物も、何かによるプロダクツです。ああ、他者による慰めを得ずに人生を終われないだなんて!


ちっぽけな米粒のような私には、神様が何をお考えかなどはちっとも解りません。まあ、そこに問いを立てることがそもそもの間違いであり、必要無いことなのかもしれません。そう、多くの人が言うようにー「現実の問題を考えるべき」なのかもしれません。その問題を差し置いても、その言葉はもっともなところです。


そんなつまらないことは考えるのをやめて、幸せになる方法でも考えた方がよっぽど《生産的》かもしれません。ああ、それにしても、情報を振り撒かずにはいられない。生物はどうしてかくもこのようにできているのでしょうね。


《理由はともあれ、世界はただ在り続ける》

我々の視認しうる、限りなく狭い世界

我々は膨大な過去の蓄積の上に生きている。

そしてそれはあまりにも膨大であるがゆえに、

人は過去を忘却しうる。

または己の無意識の中に埋没させてゆく。

つまり自身ですら、全てを統合しきれているとは

言い難いのではなかろうか。

それらの中から拾い上げた、意識という表層に

浮かび上がりうるものだけに著しく偏った編集を

施したものが貴方の言う「記憶」ではなかろうか。

もっとも、この「記憶」というのは

先の文脈に沿って言語化しうるものを指すということにする。

 

また、これに加えて、我々の想定というものの

信頼性についても疑う余地があると言えるだろう。

我々の認知は間違いうるということを

常に頭の片隅に置いておく必要がある。

事実は想定を上回ることがよくあるし、

所詮我々の想定というものは起こりうる

事実の可能性に対して貧困である、との

謙虚な認識を抱くのが賢明に思える。

事実は豊かだ、だから行動を起こして

確かめる必要がある、学び、修正する必要が常にある。

可能性を確かめに行こう、想定外で、

とりわけ想定以上で人生を満ち足りたものにしよう。

自創作漫画「オーダーメイド彼女」の主要キャラと作者自身のパーソナリティ解剖①

◆最初にお知らせ◆
この記事をお読みになるに先立って、まず以下のリンクから
「オーダーメイド彼女」1話を読むことをおすすめします。

www.pixiv.net

 
 
 
こんばんは、やっとこさ「オーダーメイド彼女」1話を描き終えたきーのです。
進捗がやべえ。何がやべえって来年1月20日
関西コミティア54にこの原稿で挑む気なのですが、
それがまだ1話しか完成してないのがやべえ。
(ネームのストックはあるにせよ)
という中に人の焦りは一旦置いといて。
 
はい、今日は自分が描いている「オーダーメイド彼女」という漫画の
登場キャラクターと作品の世界観、ぼく自身のパーソナリティの関連などについてのお話です。
 
いきなりですが質問です。あなたの好きな漫画やアニメ、小説、映画、なんでもよいのですが
その作品はどのような世界観をあなたに提示しているでしょう。
そこに描かれている登場人物たちはどのような性格の傾向を持っているでしょう。
どんな思想に基づいて、どのように行動していくでしょう。
それらが織りなす物語は、どのようなことをあなたに訴えかけてくるでしょうか。
 
ごくごく当たり前のことですが、作品にはテーマというものが存在し、
キャラクターの行動やパーソナリティ、思想などは
作者個人に由来するものです。作者の頭の中にあるものが材料なのですから。
その作品に触れると、何となく作者の人となりや思想が分かった気になりませんか?
ぼくはなります。
それは作者個人の思想や体験が、作品の中にどうしても反映されてしまうもので、
作品と密接に結びついているからだとぼくは考えています。
 
今回はぼくの「オーダーメイド彼女」について、
その中でも特にメインキャラと作者のパーソナリティに焦点を当ててお話しますが、
まことに稚拙ながらぼくの創作論的なものも少し述べさせていただきます。
 
それでは、時間や興味、色々のものが許す限り、
どうぞお付き合いくださいませ。
 
いや、前置き長いよ。
 
まあそれはぼくの癖なので…すみませんぬ…
 
さてさて。
以下に『オーダーメイド彼女』の主要キャラクター表をのっけました。

f:id:kiri-tricolore:20181216200742p:plain

こんな感じです。
 
さて、ざっと見ていただければお分かりになるかと思いますが、
 
啓多とはぐちゃん(アンドロイドの子)はそれぞれ何かしらの問題を抱えてるっぽいです。
(アンドロイドの子ははぐちゃんという名前で、1話時点ではまだ名前は未定ということになっていますがツイッターとかでバンバン名前出してるので普通にここでは
明かしちゃいます。というか「アンドロイドの子」だと話しづらい)
 
えー、なおはぐちゃんの名前については2話で色々明らかになるので気になる方は
ぜひお読みくださいませ。
 
なわけで、まず啓多くん。
この子は冷静で理論を重視するタイプですが、それ以前に人の気持ちに
敏感な子であります。
 
1話を読んでいただければお分かりになると思いますが、
はぐちゃんはことあるごとに泣いてしまう泣き虫さんです。
これはまあ、はぐちゃん自身がある意味人の感情に敏感だからでもあるのですが、
それは後にゆだねるとして。
 
そんな泣き虫なはぐちゃんの様子をきちんと観察し、
受け止め、フォローできるのが啓多くんの長所であります。(1話ラストをご参照あれ。)
いやあ啓多くんすごい。二十歳とは思えない。ジェントルマン。惚れる。
とか馬鹿はほどほどにして。
 
そんな啓多くんですが、もちろん完璧ではありません。
そもそも啓多くんのこの観察眼は、生育環境によって磨かれたものです。
そんな環境を構成する一つのファクターだったのが、啓多くんのお兄さんです。
(3話で登場予定)
ちゃらんぽらんな兄がいて、それに反発するかのように真面目な性格傾向が
強くなりました。
 
あと、啓多くんには悩みもあります。
それはどうやら、将来の進路に対する不安のようです。
 
それでは、次ははぐちゃんについて見ていきましょう。
この子は1話でやたら泣いているという印象を読んでくださった方の中には
持たれる方がいると思いますが、今後もこの子には
暗い表情をたくさんしてもらうことになります。いやあ申し訳ない。
いや、ちゃんと喜んだり笑ったりもしますよ?

ヒロインの泣き顔を描きたがる絵描き漫画描きはたくさんいると思…はい。

 

で、先ほどちらっと書きましたが、はぐちゃんは

一言で言い表すと、人の顔色を窺う癖のある子です。

ぶっちゃけこれは、ぼく自身の癖でもあります。

何だか暗い話だが……そう、この作品は 明るくはないです。決して。

 

夏目漱石は『草枕』の中で「人の世に疲れたから作品が生まれるのに、その作品の

中で喜んだり悲しんだりするのでは気が休まらん(要約)」みたいなことを言ってますが、そういう視点でぼくの作品を読まれると、おそらく気が休まらないこと請け合いです。

でも安心してください。ちゃんとカタルシスもあります。

 

それがどのようなものか軽くお話しして、この記事を終わりにしたいと思います。

 

先ほど啓多くんもはぐちゃんも、それぞれ問題を抱えているとお話しました。

啓多くんは進路の悩み、そして兄との摩擦等。(実は他にもありますがそれは追々作品の中で読み取っていただきましょう)

はぐちゃんは人の顔色を窺ってしまい、それによって気分が上下するという性質。

 

人は往々にして、誰も皆困難を抱えているものですが、

この二人とて例外ではありません。

しかしながら、人には自分の問題を自分で解決する姿勢というものが

元来備わっています。

この二人もまた、その例に倣うでしょう。

啓多くんは悩みながら、はぐちゃんは啓多くんの力を借りながら。

二人で困難を乗り越えてゆくでしょう。

 

ぼくは幼少期はよくノートに落書き漫画を描いていましたが、

それを除くと、きちんと漫画を制作するのは初めてです。

最初は単純で短いハッピーエンドのラブコメにするつもりだったのに、

キャラクターについて真面目に考察していると、何だか長くなりそうです。

 

初めての漫画制作、初めてのコミティア、初めての同人イベント、

まだ1話しか完成していない原稿、不安や課題は山積みですが、

自分の表現したいもののために、それを届けたいひとたちに届けるために。

もう少し頑張りたいと思います。

 

それでは今日はこの辺で失礼いたします。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございます!

 

 

 
 

『少女終末旅行』はいいぞ

 関西コミティアに申し込んだものの、まだ一話も描いてないきーのです。

いや、作業はしてます。進捗が追いついてこい。

すみません、ちゃんと描きます。今なら描けそうな気がする(クズっぽい発言

 

で、その間何をしていたかというと、学生らしくテスト勉強に励んで…

いたわけでもそんなになく、勉強少し進めてはアニメ視聴が進む進む、とか抜かしてました。

いやホント○アニメストア最高。

 

で、友人に勧められたので『宝石の国』に周回遅れで軽率にハマり、

一気見したかと思えば、雰囲気が気になったので『少女終末旅行』を

見始めたのですが……

 

世界観最高では?(語彙力

 

見進めるのが惜しいと思うくらいどハマりしました。

ほのぼのディストピアまんせー。個人的にはEDが好き。

 

ぼく的には『キノの旅』好きはかの作品にハマる素質を備えている説を唱えていきたい。

 

そして『ゆるキャン』にも「いいなあ…」とかほっこりしつつ、BGVを流しながらの

作業はぼくには無理だと悟るのでした(試してみた

 

関西コミティアは来年1/20。それまでにまとまった分量のお話を描かないといけません。

さて間に合うのでしょうか。じゃなくて間に合わせるぞい。

あまり見てくださる方々の期待を裏切らないようにがんばりたいです。

漫画初心者だけど。完璧主義をやめるぞ。

 

次回のブログは(気が向いたら)『漱石のこころ―その哲学と文学』という本の

読書レビューでも書きたいです。

あと『草枕』に見る文学論、芸術論についても少し触れられたら。

まあ学部2年生ですしそんなに学や知識があるわけでもないのでクオリティの期待はほどほどにお願いします(えっ

なお変更する可能性はあります。

こんな感じでゆるゆる適当にやってまいりますが、くつろぎながら眺めてくださいな。